Another:056【 ~彼女が残したもの~ 】


 『 グロリオサ 』 Another:056



  器祇を倒して安堵しているミコト達
  しかし、その安堵も長くは続かなかった。
  地下の方から激しい衝撃が響き、
  建物が崩れ始めた。
  そして。。。。。。




 56-1.jpg

  病院から出てくるミコト
  そのミコトの片足は骨折し、
  ギブスで固められていた。

   『 だから無茶だったんですよぉ~先輩 』

   『 あぁでもしなければ倒せなかったからね 』
   『 命の代価にしては安いもんだよ。。。』


   『 でも、よくあんな作戦。。。』


 56-02.jpg

  それは破丘に時間を稼いでもらってる隙に
  同じ階層まで辿り着いていた春風にメールを送っていた。
  そのメールは自分が敵に掴まったら
  自分に衝撃弾を撃てと言う内容だった。

   『 どうしても注意を下に向けさせたかった。。。』
   『 それには私が地面にでも押さえつけられる必要があった。。。』
   『 そんな状況で急加速離脱となると。。。アレが一番と思ってね 』
   『 春風だってビリヤードくらい知ってるでしょ? 』

  
   『 まったく。。。本当、噂通りの無茶苦茶だな。。。』

  
  春風と2人話している中、破丘がその場にやってきた。
 56-03.jpg

   『 少し話。。。いいか? 』

   『 えぇ、私もそのつもりだったから。。。』


  ミコト破丘は場所を変えて話をすることにした。


 56-03-5.jpg

  ミコト達はプロトピアの噴水の前に移動していた。  
  春風も少し離れた場所から様子を伺う。

   『 何で。。。あなたはあの施設のことを知っていたの? 』
   『 それにあの器祇って。。。』


   『 これでもこの2年ずっと器祇に関して調べてたからな 』
   『 その過程で見つけたのが、あの研究施設。。。』
   『 EDENと言う団体が、旧政府Noahに対して 』
   『 Gargoyleを造り出そうとしてることまではわかった 』


   『 あ。。。』


  ミコトは少し感じていた疑問に気付く。
  それは対悪魔用と思われるGargoyleの研究施設に
  悪魔共存思想旧政府の刺客と思っていた破丘
  何故に居たのかと言う違和感。。。

   『 そして、俺は器祇を誘き寄せる為に旧政府の人間を装った。。。』
   『 そんなことを続けている時にお前があそこへ。。。』


 56-04.jpg

  初めて研究施設で対面した時を思い出す。

   『 崎守さんの娘だってのは知ってた。。。』
   『 正直、あの場でお前になら殺されても良いとも思った。。。』
   『 だけど、Gargoyle・Projectに関わってるのを知って 』
   『 ただそこで殺されるわけにもいかないと思った 』

 
   『 それって。。。私に危険が迫るから? 』
   『 私を守るためにってこと。。。? 』


   『 あぁ。。。そんな大層なことではないけどな 』
   『 出来ることなら俺の手で決着をつけたかったから。。。』


  そんな破丘の返答に少し溜息をつくミコト

   『 じゃあ、もう1つ質問。。。』
   『 定期的に崎守の所にお参り来てるのって、破丘さんだよね? 』
   『 カンパニュラ。。。感謝と後悔。。。』
   『 そんな花を供えるなんて。。。』


   『 あぁ、俺だ。。。』

  ミコトは一瞬微笑むと思い切り破丘を殴り飛ばす。
  
   『 私になら殺されても良いと思った? 』
   『 守りたいから死ねないって思った? 』
   『 そんなのどうでもいいよ! 』
   『 私は崎守のことで「もういいよ」なんて 』
   『 優しい言葉を掛けるつもりなんてない! 』
   『 私に対しての事だって。。。自分への贖罪だし。。。』
   『 別に私はすぐ忘れるも、一生引き摺るも。。。』
   『 あなたの勝手だって思ってる! 』
   『 でもね。。。』


  ミコトは珍しく感情的に怒った表情をしていた。

   『 何で一度も私の所に来てくれなかったの? 』
   『 別に私も謝罪してもらいたいってわけじゃない。。。』
   『 でも、崎守が守ったのがどんな人か知りたかったし 』
   『 そんなあなたから。。。彼女の最後の姿を聞きたかった。。。』


  その言葉に沈黙してしまう破丘

   『 でも、あなたは私の知らないところで墓参りをしたり。。。』
   『 崎守の口座へ振込みをしたり。。。凄く嫌な感じだった! 』
   『 私が破丘さんの立場なら同じことをしたかもしれない。。。』
   『 遠巻きだけど、私を気遣ってのことだとも思ってる 』
   『 だけど。。。これが私の正直な気持ち。。。』


  破丘は崩れるように膝を着いてしまう。

   『 。。。本当、すみません。。。すみませんでした! 』
  
  破丘は土下座をして謝り出す。
  そして、謝罪の言葉を繰り返す。
  それを見てミコトは手を差し伸べる。
 
   『 だから、私は破丘さんのことを少し調べた。。。』
   『 あなたが後輩に優しいのって。。。そう言うことなんだよね? 』
   『 困ってる人とか居たら見捨てられないの。。。それなんだよね? 』
   『 崎守のことがあったから。。。今度は自分が彼女がしてたことを。。。』


  破丘追跡中の行動を思い出すミコト
  
   『 こんな世界で本当珍しいかも。。。そう言うの。。。』
   『 いくら贖罪って言っても。。。誰かのためになんてさ。。。』
   『 崎守が助けた人がそう言う人で少しホッとした 』

 
   『 なら、許してくれるのか。。。? 』

   『 許すもなにも。。。あなたを守ったのは崎守の意思。。。』
   『 初めから。。。彼女のことで責めるつもりはないよ 』


  ミコト破丘に手を貸して立たせる。
  その表情は珍しく微笑んでいた。

   『 それと1つお願い良いかなぁ? 』

   『 何だ。。。? 』
 
   『 崎守ってさぁ。。。カンパニュラよりもグロリオサが好きなんだよね 』
   『 塊茎には毒があるんだけど。。。赤くて、炎みたいなあの花が。。。 』
   『 だから供えるなら、あなたの思念籠った花なんかよりさぁ。。。』
   『 彼女が好きだった花を供えてあげてよ 』

  
   『 わかった。。。次からはそうする。。。』

   『 それと振込みももう要らないから。。。』
   『 まぁ、今までの分は貰っておくけどね! 』


  2人は互いの違和感が取れたかのように
  自然に微笑み合っていた。
  そして。。。





  破丘保安管理局に呼ばれたものの
  追跡調査の報告によって、厳罰は免れていた。
  ミコトの骨折していた足も魔術医療によって
  5日後には普通に歩けるくらいに回復していた。
 
   『 今日、釈放されるみたいですね~破丘さん 』
  
   『 そうなの?思ったより早かったなぁ 』
  
   『 でも、別に捕まる必要なんて無かったんじゃあ~? 』
   『 結局は悪いこともしてなかったわけだし。。。』

 
   『 実際、敵かもって管理局まで騙してたからね 』
   『 反省房だけで済んで。。。本当、感謝して欲しいかも 』

 
  ミコトは今まで集めた資料を整理しながら
  器祇が何で崎守の名前を知っていたか?を考えていた。

   『 じゃ~とりあえず出所祝いでも行きましょうか? 』

   『 はぁ。。。仕方ないなぁ。。。』  
   『 甘いものでも買っていこっか~ 』


  ミコト春風に急かされて自宅を出る。
  そして、破丘の釈放を待つことにした。
 56-Last.jpg

                                   【 ~彼女が残したもの~ 】 Fin


Pagination

Comment

敦丸

器祇戦終わりましたね^^
ハードな戦いでしたね^^

破丘との互いの違和感が取れた様でしたし
強い味方が増えたって感じですね^^

次のお話をたのしみにまってますね^^b(プレッシャー?w)
  • URL
  • 2009/09/08 20:43

MiKo-Rock!

これにて【彼女が残したもの】編は終了です~o(^-^)o
何とか無事に丸く治まった感じ??
彼女。。。崎守が残してた者達は
これからも元気でDBるんだと思います。p(≧m≦)q

現在、次の話を微妙に構成中??
進行中の企画が終わり次第取り掛かりたいなぁ~なんて。
長々とお付合いありがとうございました。(o^∇^o)ノ
  • URL
  • 2009/09/08 20:59

みっきーたーん

お疲れ様でした~!!一気に読ませて頂きました!!
意外な展開の連続で面白かったぁ~。
戦闘シーン、迫力あったなぁ~(≧ω≦)
破丘さんは味方だったんだねぇ。
でも最後は和解できて嬉しいかも( ̄∀ ̄*)

スミマセン…9月アタマから繁忙期に流されて、
深夜帰宅⇒バタンキュー状態だったんですが、今日から復活します~・゚・(つД`)・゚・

MiKo-Rock!

何か忙しいときに一気になんて。。。
自殺行為だよぉ~><
今回は自分で見ても長かったしねぇ~^^;

まーでも、なんやかんやで無事終了です。
主人公は相変わらず怪我してるけど。。。
考えてみると毎回だなぁ~( ̄∇ ̄;
また次回の際はお付合いよろしくですよぉ~
  • URL
  • 2009/09/11 03:21

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

MiKo-Rock!

Author:MiKo-Rock!

MiKo-Rock!の
「MiKo」は名前に在らず。
姓の略式です!
Devil Busterをしていたが、
世界崩壊後にARKSへ転生。
HumanからCastとなる。

身長  : 182cm
体重  : ??kg
血液型 : O型   
年齢  : 18歳
Main   : Ranger
性格  : Slow starter

    ※ あくまで設定ですよぉ~

BANNER

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

.

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

UST

PSO2 女神転生 ARKS 天使転生 アンジャドゥリリスレイヤー 春子たん アドバンスド値引き要求 蒼い時計兎 ボンタ地獄 顔芸 出汁の味を知る龍族 英会話しない兎 ゆうこにパンパーン♪ 地球案内人は天使だった 玉と棒 ファレグ七変化 この天使、ジオ系につき アブ 1000メセタショップ店員 スクラッ鬼 効能は水道水? 今回は特別バスタオルを巻く許可を。。。 ブルーバック マスク&コピー ストリートステージ 3位さんのライブ 昔の人はちょっとおかしかった レイと聞くとアリス・L・マルヴィンが真っ先に。。。 弱虫アークス レイヤー地獄 箱割り屋 沸かない蟲はただの虫 宇宙強大 リング☆ドリーム イチバーン! ディスティニー推し いつものリサ的なやーつ 弾幕シューティングは苦手 レイシリーズが微妙に似合わない 人からロボ子へ。。。 根本的な趣味は変わらない MMO 復活 オンラインゲーム おつかれさまでした ARKS転生 重力下での戦闘 月日を感じる今日この頃 PTNG AISの方が合理的 回転攻撃ではなく、鉄パイプでの打撃を希望 不運と踊る キメラピクチャー 宇宙かける機械少女 ライドロイド リアル孤高さん DevilBuster ハンイバルとスキピオ 別にパワーマニアではない クレイモアって使う分には楽しい ARKSは黙ってクエスト 久々に転生 魔人と言うより閣下? ひどい最終回 細めは強キャラ説 アル。。。いや、アルさん!? 500円分のもあればな~ 倉子 その内にリリーパ族も。。。 CVエノモト ちょっとした一言 ARKS、キラーパスあるある言いたい~♪ 爆弾処理班 不便な機能 瞬発ストレス 孤高さんならでは? 蔵守 メセタはムーンより重い つまんねー事聞くなよ! ゴブリン殺し こんばんわ、黒柳さーん! マナー盛りとかよく言う人間の基準は割と高い 剣の巫女のアリサ ベルセルク? この素晴らしい異世界に・・・ ☆12なので虹色告知はありません メセタの雨は降らない メセタイーター 私だけエスポワールと言うシップに乗船 フライドポテト愛好家 回線殺し モニ・ドゥの沼 ざわざわする確率 凹み寝 無事じゃない死亡 PSO2で初の大ポカ 嗚咽が。。。 そんな継承要らない PTトラップ 我々は強いられている ブースター、コレクトの味方 緑の幕と赤い女 撮影スタジオ 福男かよ!? クロといっしょ 皆で幸せになろうよ 春うらら ネオプロフィール キャラ設定 わさびドラ 幸せのふとっちょ鳥 Rockさんちの火力問題 ダークファルス・ロック 90%大丈夫~(嘘) メセタブレイク ヒーローはいらない 1人飯の時のモチベーション向上チャレンジ 気持ち大事 モチベーション フォトンの覚醒 駆逐してやる 孤高のレシピ その船、沈没させるぞ! 

QR

QR