Another:037【 ~異質なる守護者~ 】


 『 生存規律 』 Another:037


 37-1.jpg

  ミコトが崩壊した第六ホームから戻って数日。。。
  DBとしての仕事を着実に行っていた。
  しかし、そのミコトはまた以前とも違い、
  慎重であり、不必要に攻撃的。。。
  そして。。。



  仕事を終えて新宿へ戻るミコト春風
  特にミスは無かったながらも
  ミコトは少し難しい顔をしていた。
  そんなミコトを心配そうな顔で見る春風
  
   『 ん?どうかしたの? 』

   『 え?あ、ううん。。。何でもないです 』

 37-2.jpg
 
  その時、ミコトのCompにメールが入ってくる。
  それは山本長官からの仕事依頼だった。
  依頼内容を見て顔を歪ませる。

   『 気乗りしない仕事ですか? 』
 
   『 ううん、そんなわけじゃないけど。。。』


  内容は物資貯蔵フロアの護衛。。。
  次の出現ポイントも予想されており、
  ただ迎撃するだけの単純なものだった。
  
  ミコトはその仕事を受けるために
  山本長官に詳しい話を聞くことにする。
  そして。。。


 37-3.jpg

  ミコト達は新宿の物資貯蔵フロアで待機している。
  コンテナの陰に身を隠し、目標が来るのを待つ。
  周囲にはミコト達の他にも
  防衛用のイノセントや守衛達が居た。

   『 今回はヤバイ仕事だから私だけで。。。』
 
   『 心配性だなぁ~先輩は。。。 』
 
   『 相手は襲撃の際にイノセントを何人も殺してる。。。』
   『 それに前回防衛に着いたB級のDBだって。。。』


   『 わかってます。。。だから無茶はしないつもりです 』
   『 先輩こそ。。。その。。。』


  そんな時、周囲に居た守衛達が騒ぎ出す。
  ミコト達も騒ぎの方へと向かい始める。
  すると。。。
 37-4.jpg

   『 。。。大きい。。。』

  そこには通常よりも巨大なタラスクが居た。
  その場を防衛していたイノセント達は
  血痕だけを残して姿を消していた。

   『 ねぇ、先輩。。。これって。。。』

   『 多分、これの餌になったのかもね。。。』


  巨大タラスクミコト達に気付いて襲い掛かってくる。
  しかし、ミコトは冷静に銃を構える。
 
   『 さてと。。。怪物退治の時間だ。。。』

  一気に近付いて、ラピッドを仕掛けていくミコト
  巨大タラスクも堪らずスピンでミコトを払う。
  ミコトもすぐに体勢を立て直して
  再び攻撃を仕掛けていく。
 
   『 何だ。。。大きいだけで普通の悪魔と同じかぁ。。。』

  バーストナパームを使って、一瞬巨大タラスクの動きを止める。
  そして、そのまま巨大タラスクに突っ込み。。。

   『 そんなにお腹が減ってるなら。。。食べさせてあげる。。。』

  ミコト巨大タラスクの口に銃口を突っ込んでいた。
  
   『 お腹いっぱいで弾けちゃうかもだけど。。。』

  そのまま衝撃弾を撃ち込んで
  巨大タラスクを沈黙させた。
 37-5.jpg

  その沈黙した巨大タラスクの頭を踏み付け
  弾丸をもう2、3発撃つ込んでおく。
  そして、少し嫌な笑い方をするミコト
 
   『 先。。。輩。。。? 』

  そんな少し箍が外れたミコトを心配そうに見詰める春風
  しかし、また別の場所で騒ぐ声が聞こえる。
  
   『 本命が奥の方に進んでたか。。。』

  ミコトは元来た場所へと走り出す。
  春風も慌ててミコトを追いかける。
  でたらめに倒された巨大タラスクを横目にして。。。

  ミコトが貯蔵フロアの扉を開くと周囲には守衛達が倒れていた。
  その守衛達の骸の中心に誰かが立ってる。
 37-6.jpg
 
   『 あれ?あんたはタラスクの方に行ったと思ったのに。。。』

   『 え。。。何で。。。』


  そこに居たのは10代前半の少年だった。
  そして、その少年は。。。第六ホームで姿を見たことのある。。。
   
   ミコトコータ第六ホームの案内を受けたことを思い出す。
   コータは子供達が集まる場所へとミコトを連れてきていた。
   子供達も先日お菓子をくれたDBが来たことに気付いて集まる。
   しかし、何人かのその中で少し年上の子供達は
   それを遠目に見ていた。
  
  物資貯蔵フロアに現れた少年に声を掛けようとした瞬間
  少年は手にしていたメイルブレイカーでミコトに襲い掛かってくる。
  咄嗟にガンスリンガーで受け止めるが
  その打ち込みは子供として異様に重かった。

   『 今回はあの白い人も居ないし。。。何とかいけるか~ 』

  少年ミコトに連続して打ち込んでいく。
  已むを得ずにカウンターで少年を弾き飛ばし、
  足で踏み倒すように押さえつける。

   『 何でこんなことを。。。』

   『 何でって。。。生きる為にきまってるじゃん 』

   『 生きるためって。。。こんなことをしてたら。。。』   
 
   『 いけないことかぁ。。。あんたは幸せなんだね。。。』


  ミコトは足で押さえつけたまま少年に銃を構えていた。
  しかし、少年は隠し持っていたナイフで
  ミコトの足を斬り付けようとする。
  それに気付いて、ミコトも咄嗟に離れる。

   『 ねぇ。。。こんな世界で生きる為にいけないことってあるの? 』
   『 じゃ。。。俺達みたいな人間は、どうやって生きればいいの? 』

   『 それは。。。』


  その質問に答えられないでいるミコト
  答えに迷って隙が出来たミコト
  再びメイルブレイカーを手にして殴り掛かってくる少年
  その表情は少し楽しげだった。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mikorock.blog46.fc2.com/tb.php/217-799689c4

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

MiKo-Rock!

Author:MiKo-Rock!

MiKo-Rock!の
「MiKo」は名前に在らず。
姓の略式です!
Devil Busterをしていたが、
世界崩壊後にARKSへ転生。
HumanからCastとなる。

身長  : 182cm
体重  : ??kg
血液型 : O型   
年齢  : 18歳
Main   : Ranger
性格  : Slow starter

    ※ あくまで設定ですよぉ~

BANNER

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

.

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

UST

PSO2 ARKS 女神転生 地球案内人は天使だった 顔芸 この天使、ジオ系につき ゆうこにパンパーン♪ ファレグ七変化 英会話しない兎 宇宙強大 不運と踊る ARKSは黙ってクエスト 昔の人はちょっとおかしかった 天使転生 出汁の味を知る龍族 ボンタ地獄 レイと聞くとアリス・L・マルヴィンが真っ先に。。。 アブ 弱虫アークス レイヤー地獄 沸かない蟲はただの虫 玉と棒 回転攻撃ではなく、鉄パイプでの打撃を希望 春子たん 蒼い時計兎 アドバンスド値引き要求 アンジャドゥリリスレイヤー 宇宙かける機械少女 イチバーン! 人からロボ子へ。。。 リング☆ドリーム ディスティニー推し いつものリサ的なやーつ 根本的な趣味は変わらない ARKS転生 復活 MMO オンラインゲーム おつかれさまでした レイシリーズが微妙に似合わない 弾幕シューティングは苦手 クレイモアって使う分には楽しい ライドロイド 箱割り屋 AISの方が合理的 別にパワーマニアではない ハンイバルとスキピオ 重力下での戦闘 月日を感じる今日この頃 DevilBuster リアル孤高さん PTNG 3位さんのライブ Rockさんちの火力問題 わさびドラ ダークファルス・ロック メセタブレイク 90%大丈夫~(嘘) 幸せのふとっちょ鳥 ヒーローはいらない フォトンの覚醒 気持ち大事 駆逐してやる 孤高のレシピ 1人飯の時のモチベーション向上チャレンジ ざわざわする確率 モニ・ドゥの沼 その内にリリーパ族も。。。 CVエノモト ひどい最終回 魔人と言うより閣下? 細めは強キャラ説 瞬発ストレス 孤高さんならでは? ARKS、キラーパスあるある言いたい~♪ ちょっとした一言 爆弾処理班 不便な機能 モチベーション キャラ設定 キメラピクチャー ブルーバック 久々に転生 撮影スタジオ 緑の幕と赤い女 マスク&コピー 今回は特別バスタオルを巻く許可を。。。 ストリートステージ スクラッ鬼 1000メセタショップ店員 効能は水道水? 福男かよ!? クロといっしょ 嗚咽が。。。 PSO2で初の大ポカ PTトラップ そんな継承要らない ネオプロフィール 凹み寝 無事じゃない死亡 春うらら 皆で幸せになろうよ ブースター、コレクトの味方 我々は強いられている アル。。。いや、アルさん!? 

QR

QR